消費税上げに反対=福島担当相(時事通信)

 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は16日午前の閣議後の記者会見で、菅直人副総理兼財務相が3月から消費税引き上げを含む税制抜本改正の議論を始める考えを示したことについて、「消費税を上げれば(世帯の)可処分所得が減り、生活が苦しくなる。反対だし、慎重であるべきだ」と述べた。一方、「税制について全部議論する時は、何かを排除するのはなかなか難しい」と語り、消費税を含む税制論議には理解を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

徳島の高校生刺傷、不審な男を確保(産経新聞)
夫婦別姓「私は前から基本的に賛成」…首相(読売新聞)
「25%削減」行程表、策定作業が難航(読売新聞)
助産外来と院内助産の課題、「助産師育成」が7割(医療介護CBニュース)
「小沢家には『言い訳をするな』の家訓がある」 民主・平野貞夫氏(産経新聞)
[PR]
by 6hiq5i2jar | 2010-02-19 17:06


<< あさま山荘事件 新人だった署長... 業界つなぎ留めろ…自民、各種団... >>