蛇にピアス

『蛇にピアス』(へび-)は、金原ひとみの小説作品、第27回すばる文学賞を受賞したデビュー作。綿矢りさの『蹴りたい背中』とともに、第130回芥川龍之介賞を受賞した。2008年9月20日、作者本人の意向を受けて、蜷川幸雄監督による映画が公開された。評価芥川賞の選評では、細部描写の秀逸さと、派手な道具立ての裏にある物語の純粋さが評価された。選考委員の石原慎太郎は受賞作発表後の記者会見において、この回の候補作全体に対して否定的見解を示して「今年は該当作無しでも良かったんじゃないか」と前置きした上で、それでも同時受賞した2作品・「蹴りたい背中」(綿矢りさ著)、「蛇にピアス」からいずれかを選ぶならば「蛇にピアス」を推すとしている。 なお、単行本化にあたり結末部分が直されているが、その点について福田和也や関川夏央らが、直す前の方が良かったと指摘している。注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。 →[記述をスキップ]登場人物ルイ主人公。19歳。アマのスプリット・タン(蛇のように舌に二股の切れ目を入れること)に惹かれ、身体改造に興味を持ち始める。登録制のアルバイトをしており、そこでの「つくりものの自分」は人当たりがいい様子。本名は中沢ルイ。アマルイと同棲している。スプリット・タンの他にも、顔中にピアスをしたり、腕に派手な刺青をしたりと、かなりの身体改造を施している。しかしルイには忠実で、彼女の指示にはほぼ無条件で従っている。古着屋でアルバイトをしている。本名は雨田和則。シバさん身体改造の店『Desire』のオーナー。刺青を彫るのが殆どだが、ピアスも扱っている。また表情がわからないほど多くのピアスを顔面に刺しているが、「人の形を変えるのは神だけに与えられた特権」という持論からスプリット・タンにはしていない。本名は柴田キヅキ。要略ルイはアマのスプリット・タンに惹かれ、シバさんの指導の下、自分の舌にもピアスを入れる。さらにシバさんに、背中に麒麟と龍の刺青を入れてもらう約束も取り付ける。しかし、アマと喧嘩した暴力団風の男の死亡記事を見てから、ルイに不安が襲い始める。以上で物語・作品・登場人物に関する核心部分の記述は終わりです。映画ギャガ・コミュニケーションズの配給により2008年9月20日公開。吉高由里子は本作が初主演映画となる。R-15指定[1]。キャッチ

乱気流 体が宙に 悲鳴飛ぶUA機内(毎日新聞)
<臓器提供>親族への優先、厚労省が運用指針改正(毎日新聞)
セクハラ、アカハラ十数人…成蹊大教授を懲戒免(読売新聞)
<厚労省>学童保育の補助継続へ 「待機」多く方針変更(毎日新聞)
<五輪スノーボード>神戸に恩返し 震災被災の家根谷選手(毎日新聞)
[PR]
by 6hiq5i2jar | 2010-03-02 09:49


<< <絹谷幸二賞>大谷有花氏に決ま... <スルガ銀行>釣り人の環境セミ... >>