<損賠提訴>自転車欠陥で転倒 障害残った男性、輸入元を(毎日新聞)

 イタリアの自転車メーカー「ビアンキ」ブランドの自転車の前輪が外れて転倒し、後遺障害が残ったのは製品の欠陥が原因として、茨城県つくば市の会社社長、中島寛さん(60)らが5日、製造物責任法に基づき、輸入元でビアンキの親会社の日本法人「サイクルヨーロッパジャパン」(東京都千代田区)に約1億6000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 訴えによると、中島さんは08年8月、自転車で出勤中に前輪がサスペンション部分から外れて転倒、頸椎(けいつい)を損傷し、首から下がまひする障害が残った。自転車は大阪の業者が設計、サスペンションは台湾企業製だが、原告側は輸入元に賠償責任があるとしている。

 原告側は自転車の安全試験を行う機関に調査を依頼。サスペンションが外れた原因は▽雨水などが浸入して腐食を誘発する構造だった▽脱落を防止する機構がない−−と結論付けられたという。

 事故を巡っては、消費者庁が3月、サイクル社に「重傷事故を把握しながら国に報告しなかった」として厳重注意している。

 中島さんは会見で「メンテナンスは十分してきた。同じ自転車に乗っている人が事故に遭わないようにしてほしい」と話した。

 サイクル社の木村恵代表取締役は「詳細は裁判の中で明らかになると考えています」と話している。【和田武士】

【関連ニュース】
自転車専用レーン:緑で色分け、歩道600メートルに整備−−福島・平和通り /福島
レンタサイクル:放置自転車を無料で 県自転車商組合直方支部、あすから試行 /福岡
JR岡崎駅:東口の新駐輪場、きょうオープン /愛知
3人乗り自転車:「経済力で安全に差」はいけない 県商協組、各自治体に期待 /埼玉
阿久比町議会:町道での自転車事故、3000万円損賠を可決 /愛知

シー・シェパード元船長、傷害罪でも起訴へ(読売新聞)
古里の新聞が認知症緩和 専門家「回想法が脳を刺激」(河北新報)
中国、日本人死刑囚の刑執行を6日に延期(読売新聞)
「あだ討ち」正当化、謝罪なく=小泉被告−元次官ら殺傷(時事通信)
公明・神崎氏、引退 自公結びつけた立役者(産経新聞)
[PR]
by 6hiq5i2jar | 2010-04-08 12:32


<< 「彼女を迎えに行くため」信号無... 巨大しごと館、厳しい再就職 あ... >>