財源問題が焦点=介護保険改正論議スタート―社保審部会(時事通信)

 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)の介護保険部会は31日、2012年度の診療報酬・介護報酬改定に合わせた制度改正論議をスタートさせた。介護保険の公費負担増や被保険者などの対象拡大の是非といった財源問題が焦点となる見通し。厚労省は部会の議論を踏まえ、来年の通常国会への介護保険法改正案提出を目指している。
 介護保険制度が導入された2000年4月以降、高齢化の進展に伴って被保険者1人当たりの保険料負担が増大。65歳以上の平均月額は、制度導入当初の2911円から現在は4160円に引き上げられている。 

【関連ニュース】
「対うつ病10カ年計画」策定を=関連4学会が初の共同宣言
制度改正論議スタートへ=介護保険、対象拡大など論点
自民公約原案骨子
組織票、民・自が争奪戦=低投票率なら重み
「不適切行為」と改善勧告=虐待と認めず、介護老人施設に

陛下が微熱、視察をお取りやめ(産経新聞)
<自殺>乗用車内に練炭、男女が死亡 埼玉・毛呂山(毎日新聞)
生活保護費詐取事件 元代表、名前複数使い分け(産経新聞)
<毎日世論調査>鳩山内閣支持20% 退陣すべきだ58%(毎日新聞)
出生率は前年並み1.37=4年ぶりに上昇止まる―厚労省(時事通信)
[PR]
by 6hiq5i2jar | 2010-06-07 13:02


<< ゲームプラットフォームの未来、... <水俣病>第三者委員会座長に元... >>