<インフル>患者数、再び減少 累計は2006万人(毎日新聞)

 厚生労働省は5日、インフルエンザの定点医療機関(全国約5000カ所)調査で、1月25〜31日の1施設当たりの患者数が6.46だったと発表した。前週は9.03で8週ぶりに上昇したが、再び減少。沖縄県が36.72から18.88へ大きく減るなど45都道府県で前週を下回り、注意報レベルとされる10を超えたのは沖縄、山梨、岐阜、静岡の4県(前週19県)にとどまった。

 この1週間の推計患者は35万人で、新型以外のインフルエンザウイルスはほとんど検出されていない。7月以降の累計患者は2006万人に達した。厚労省によると、シーズンを通しての患者数推計を始めた01年以降で、2000万人を超えたのは初めてという。【清水健二】

鹿児島と長崎 副振動が発生 民家浸水や国道冠水(西日本新聞)
雑記帳 モーグルコースをイメージしたカレーはいかが(毎日新聞)
検察官役の推薦、弁護士会に依頼 兵庫・明石歩道橋事故で神戸地裁(産経新聞)
逮捕の3人、供述食い違い…陸山会事件(読売新聞)
<掘り出しニュース>ツイッターで商店街ににぎわいを 香川・高松でセミナー(毎日新聞)
[PR]
by 6hiq5i2jar | 2010-02-06 11:33


<< 小沢氏不起訴、地検の葛藤 「十... 【いきいき】新江ノ島水族館長・... >>