都心などで8日にダイヤモンド富士(産経新聞)

 富士山頂に沈む夕日がダイヤモンドのような輝きを見せる「ダイヤモンド富士」が8日夕、都心で観測できる。

 冬のダイヤモンド富士の観測ポイントは、1月の多摩地区から徐々に都心方向へと移動する。8日は、海抜270メートルにある六本木ヒルズ(港区)の展望台「東京スカイビュー」、26階建てのキャロットタワー(世田谷区太子堂)展望ロビーからだと山頂に、東京タワー(港区)、聖路加タワー(中央区)ではやや横にずれた位置に沈む様子が観測できるという。沈み始めるのは午後5時2分ごろからだが、もちろんお天気次第。

 六本木ヒルズでの観測には展望台入館券が必要。森タワー3階の展望台エントランスで受け付ける。

【関連記事】
2月23日に「富士山の日」記念行事 静岡・富士宮市
上空から初日の出、初富士 日航がフライト
諏訪湖見下ろす朝焼けの富士 長野県塩尻市「高ボッチ高原」
くっきり6分39秒!今世紀最長の皆既日食
天空の“黒ダイヤ”

<訃報>伊藤鄭爾さん88歳=元工学院大理事長(毎日新聞)
南硫黄島北海域で白煙=海底火山活動か−3管(時事通信)
<テレビ発火>三菱電機26万台使用中止(毎日新聞)
鳩山首相「検察は公正に判断」 幹事長続投も明言(産経新聞)
<大荒れ天気>留萌、石狩北部に暴風雪警報(毎日新聞)
[PR]
by 6hiq5i2jar | 2010-02-09 00:50


<< 空港生活92日間、人権活動家が... 志望校一覧を生徒に配布=中3担... >>