捜査の推移見守る=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は3日午前、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件で、検察当局が小沢氏を容疑不十分で不起訴処分とする方向で検討を始めたとの一部報道に関し、「まだ憶測の域を出ていないし、仮定の話だ。今、大事なことは、検察の捜査が行われている最中だから、冷静に推移を見守る(ことだ)。私としては、その立場しかない」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

石川被告らの政治資金規正法違反は「実質犯」 動機は悪質(産経新聞)
小沢幹事長が続投の意向表明、首相も容認(読売新聞)
「妊娠、中絶させた」振り込め詐欺で被害500万円 さいたま(産経新聞)
田村参院議員 民主に入党 統一会派、過半数に(毎日新聞)
【新・民主党解剖】第3部 沈黙の帝国(上)不起訴で「盛大な前夜祭」(産経新聞)
[PR]
by 6hiq5i2jar | 2010-02-10 13:47


<< 日弁連会長決まらず 史上初の再... 空港生活92日間、人権活動家が... >>